防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
現在時刻
Links
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
木造住宅の防音対策事例が少ない

昨日の防音相談で相談者に言われたのは、木造住宅の防音対策の事例がネット上には少ないということでした。

 

たしかに、検索すると通販サイトやマンションの事例が多く、木造共同住宅(アパート、長屋建て、複数世帯併用住宅)や戸建住宅の防音事例はほとんど出てこないと言ってもよいと思います。

 

防音材のDIYでさえ、遮音シートなどが効果がないとかマイナス材料しか出てこなく、具体的な成功例が出てこないので、コンサルティングを専門とする業者の防音相談に行って確認するしかないという判断だったようです。

 

特にピアノなど楽器対策にはマンションの事例が多いのは、基本的な遮音性能の差があると思います。通常の木造住宅はマンションに比べて遮音性能自体は低いわけですから、一般の業者はマンションのユーザーをターゲットにする傾向があります。

 

実際、防音職人のように個人ユーザー向けの無料相談を実施している専門業者は少なく、大半が防音室の無料相談です。

戸外騒音を防ぐ目的の生活防音でさえ、具体的な相談に対応してくれる専門業者はほとんどありません。

 

これが防音業界の現状です。

posted by: 防音職人 | 木造防音 | 07:36 | - | - |-
新築住宅における防音の費用対効果

新築の木造住宅の相談が増えています。

主な内容は趣味の防音室、寝室などの生活防音です。建物が完成してからでも防音対策は可能ですかと質問されます。

 

床のDIYによる防音対策はある程度可能ですが、ドアや物入れの扉に当たらない程度の厚さしかできません。やはり、新築の段階から下地の補強や天井・床下および壁内の吸音材は充填しておく必要があります。

 

特に防音室や賃貸併用の界壁は最初から備えをしておかないと、出来上がった内装を解体して造り直すなど無駄が多くなります。

 

天井も防音材を張り付けることができるように下地の軸組(野縁受け、野縁、吊木)を補強しておかないと耐久性に問題が発生します。

天井だけでなく床も下地補強を最初から施しておけば費用対効果はよくなります。

 

防音相談は建築設計段階から検討したほうが手戻が少なく、建築費用を有効に使えます。

また、将来の段階的な防音対策を考慮して計画すれば、メリハリのある対策ができます。

posted by: 防音職人 | 木造防音 | 15:46 | - | - |-
厚さ156ミリ界壁で遮音性能を実験しました

ある木造防音室の間仕切り壁において、石膏ボード、合板、ロックウールのみで厚さ156ミリの間仕切り壁を構築し、空気伝播音の防音性能を測定しました。

 

160HzだけがD-40と最も低く、250〜4000HzにおいてはD-45〜D-50以上の遮音性能がありました。特定の周波数で遮音性能が低下した要因は石膏ボードおよび合板のコインシデンス現象による落ち込みと考えられます。

 

しかしながら、費用対効果を考えると抜群の性能です。これを外壁に適用すれば既存外壁約120ミリに90ミリ程度の二重壁を構築することで同等の防音壁を構築できることになります。

 

ただし、特定の周波数における遮音低下を回避するには、やはり専門の防音材を併用する必要があります。でも予算が厳しい防音室の依頼者にとっては朗報でしょう。

 

なお、今回の仕様に使用した合板類にノウハウがあります。特性の異なる数種類の製品を組み合わせました。

 

遮音の基本は特性の異なる製品を組み合わせることです。これならば新築住宅においては特に有効な手法としてお勧めできます。

posted by: 防音職人 | 木造防音 | 14:49 | - | - |-
木造住宅の遮音性を左右する要因
新築でもリフォームでも、木造住宅の遮音性を左右するものは、外壁内部の断熱吸音材と土台の隙間パッキン工法です。

外壁内部に硬質発泡断熱材を充填すると遮音性能は通常よりも10dB程度低下します。新築計画の時点で専門家に相談することが重要です。リフォームで高気密住宅に改修する場合も同様に要注意です。

ツーバイフォー住宅は高気密型の仕様が多く、一見遮音性が高いように思えますが、外壁土台の隙間パッキンから床下を経由して騒音が室内に侵入します。
また、外壁の外装材にALC(へーベルなど)パネルが使用されていると、振動音が響きやすくなるなど悪影響が出ます。

以上の内容に該当する木造住宅は、防音性能が低いことが多く、専門業者に相談する場合は、出来る限り設計図や仕様の詳細資料を準備しておくことが重要です。

高気密イコール高遮音性能ではないことに留意し、ハウスメーカーなどの宣伝に騙されないようにしてください。

木造住宅は、断熱材や軸組み工法、床下への配慮など通気と遮音性のバランスを十分に考慮することが望ましいです。
posted by: 防音職人 | 木造防音 | 08:39 | - | - |-
木造住宅の床防音(リフォーム)でやってはいけないこと
ある相談者が、木造住宅(戸建)の2階床の防音対策を建築業者や建築コンサルタント(建築士含む)に相談したそうです。
そうしたら、以下の方法をアドバイスされたようですが、かなり問題があります。

・既存床にモルタルを50ミリ〜100ミリ施工する。
→地震などの際に倒壊する恐れがありますので、絶対にやらないでください。

・既存床にALCパネルを施工する。
→声など空気音の遮音効果は向上しますが、足音などの固体音は余計に響くようになり逆効果になります。

・壁や床に遮音シート(厚さ約1ミリ〜1.5ミリ)を張る。
→ほとんど効果はないと思います。費用と時間の無駄でしょう。

・天井裏にグラスウールを充填してPBを二重張りにする。
→中間的な周波数の空気音は減ると思いますが、低音および高音が弱点になります。使用する素材の特性に問題があります。

これは木造共同住宅(アパート、2世帯住宅など)についても同様です。
もし、新築住宅を計画される場合は、ぜひ最初から防音対策を施すことをお勧めします。
posted by: 防音職人 | 木造防音 | 11:11 | - | - |-
木造防音の関連記事(まとめ)
住宅や防音室関係の木造建物の専門的な記事が少ないと、防音相談の相談者からお聞きすることが多いので、このブログで再度、関連リンクを再掲します。

■情報サイト
木造防音の相談:木造住宅・防音室

■ブログ
主に木造の楽器防音室:戸建住宅・ピアノ・ヴァイオリン防音室

■オフィシャルサイトの主な事例
・戸建住宅の生活防音:生活防音の対策
・工場の振動騒音:戸建住宅の工場振動騒音対策
・車の騒音対策:戸建住宅の車騒音対策
・ピアノなど楽器防音事例:ピアノなど防音室
・ヴァイオリン防音対策:ヴァイオリン防音室
・ピアノなど音楽教室:ピアノと音楽教室の防音

とくに、木造住宅については、無料相談(国立または西国立)を面談方式で行っておりますので、オフィシャルサイトより御問い合わせ下さい。
相談・問合せページ
posted by: 防音職人 | 木造防音 | 20:37 | - | - |-
木造の楽器防音室における仕様の違い
最近、木造住宅をリフォームして楽器の防音室をつくりたいという相談をお受けしました。すでに数社の専門業者に提案書と見積りを依頼したそうですが、いずれも天井・壁・床がかなり分厚くなる提案だったので、依頼するのを中止したそうです。

木造防音室を比較的薄い構造で、夜間10時ころまで普通に、アップライトピアノやチェロ、ヴァイオリンを演奏できるような遮音性能、音響対策のできる業者をネット検索した結果、防音職人にたどり着いたとのことです。

他業者の提案の共通性は、既存の間仕切り壁や天井を改造しないで、内側に丸ごと部屋を作るような構造のため、室内がすごく狭くなるのです。また遮音パネルとグラスウールの吸音層の繰り返しで、どこを切っても金太郎飴のような同じ構造をしているのが特徴でした。既存構造や隣家など周辺環境を考慮しないで提案されているので、全国どこでも同じ内容で防音室をつくろうとする専門業者であることは明らかでした。

防音職人では、既存構造を無理なく解体できるところは改造して補強し、既存の窓やドアを生かし、つぶさないで建具を検討しますので壁内結露・通気性の心配もありません。防音ドアや内窓を閉めれば遮音性も格段に高まります。
壁自体も遮音材による気密工法で遮断しますので、室内側で結露することはありません。

天井についても、天井裏の吸音層を生かし、下地を補強しながら必要な遮音材を施工しますので、必要以上に天井を下げることはありません。
防音職人のコンセプトは、できる限り薄い構造で、費用対効果の高い防音設計・施工を行うことです。特に木造家屋に適した仕様です。
posted by: 防音職人 | 木造防音 | 11:21 | - | - |-
木造住宅と楽器防音室

 最近、古い木造住宅の楽器防音室の対策検討を依頼されました。

 依頼者のご要望では、古い建物なので断熱材の効果も低下し、冬は寒く、夏は暑いということです。そこで、既存の壁のボードも解体して改造したいというプランを考えておられるようです。

 しかし、ご予算には限界がありますので、防音室の壁だけなら、通常の防音内装壁を増設するだけで、遮音性能も断熱性能も格段にアップします。

 防音職人の外壁の防音仕様は、遮音性も断熱性も高く、結露の心配は殆どありません。

 むしろ、壁や床の構造合板補強などに費用を使ったほうが、耐久性も高まり、防音効果もアップします。

 木造住宅ならではの特長を生かしたリフォームが費用対効果が高いと思います。

 ご予算、建物の劣化状況に合わせて、優先順位を決めたほうが良いでしょう。

posted by: 防音職人 | 木造防音 | 16:31 | - | - |-
木造住宅の防音に画期的な技術はない
 住宅の床や壁の防音対策に「画期的な技術、防音材」という謳い文句をPRする業者がいますが、私の知る限り、実例を掲載しているページは見たことがないです。

 実際に画期的な成功事例が複数あれば、必ず実績として事例を載せるはずです。依頼者の声も、工事写真も掲載されていなければ、いくらPRしても信頼できないでしょう。

 木造住宅は、いままで当ブログや防音職人の施工事例でも掲載してきましたが、防音の基本に忠実に設計し、良質な防音材を適正に施工するということが、最もリスクが少なく費用対効果も高いということが、10年以上の経験の中で体感してきました。

 現実的には、賃貸物件や自宅など用途に応じて、妥当な予算設定をして、その中で効果的な工法・対策を検討することが良いと思います。

 ただし、防音材の効果は製品によって、かなり差があることが知られています。床や壁など仕様・構造に応じた適正な防音材を選定することが重要です。

 私は国立・西国立での防音相談で、このことを手描きの説明図で、相談者に解説しています。

 新しい画期的な技術というものは、数多くの実例の検証を踏まえて言えるものであり、単なる試験所での防音製品実験だけで言えるものではありません。
posted by: 防音職人 | 木造防音 | 07:54 | - | - |-
木造の防音対策の方針

 木造住宅の天井・床の防音について、基本的な対策を別のブログの記事でまとめました。
木造住宅の防音

 方針や留意点に触れたものですが、木造住宅の場合は、通常、費用対効果や構造的な制限(主に過重量など)があり、遮音材にシフトした防音工事はリスクがあります。

 木造は、一般的な建材を主体にして、防音材の使用量を抑えながら、防音効果を高めることができます。
 木造住宅に慣れた施工業者であれば、防音設計図面と防音材を用意すれば、施工は可能です。

 建築士が管理する現場であれば、矩形図・施工の納まり・手順の資料を準備しておけば問題は無いと思います。
*もちろん、建築士の力量にも左右されます。

 床や天井の防音は、施工の手順や納まりのミスによって効果が半減することがありますので、要注意です。

posted by: 防音職人 | 木造防音 | 10:01 | - | - |-