防音コンテンツ
                
防音職人への相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
Links
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
マンション防音の課題

マンションの生活騒音などの防音設計の課題は主なものがいくつかあります。

・騒音伝播のメカニズムを理解すること。

・現実的な対策の工法を設計すること。

・防音施工が出来る業者を探すこと。

 

防音設計は騒音伝播のメカニズムと遮断方法を提示できる専門家でないと、設計図も施工要領も作成できません。

*実際に実例を掲載しているウェブサイトが殆どないことを考えると、「天井防音対策が」が最も難易度が高いと言えます。

 

マンションの二重床や二重天井の騒音伝播を専門的に始めて分析した組織は日本音響学会です。ですが、彼らは現実的な防音施工を設計したり、施工要領を提示できません。現場の建築知識や工事経験がないので、理論を具体的な施工に移すことが出来ないのです。

 

要するに研究者は防音設計・施工計画ができないし、建築士など設計者は防音設計そのものが理解できないという、致命的な業界の課題があります。

*この状況は25年前から変わっていません。

 

予算の問題を除いても、かりに防音設計が出来ても、実際に施工できる専門業者が予想以上に少なく、東京においても殆ど居ません。

それは難易度が高い割に手間がかかり、採算性が低いからです。

あえてリスクの高い案件を受注しようとする業者が居ないのです。

 

さて、ウェブサイトを探すためにキーワード検索しても、実例も解説ページも最近は出てきません。

検索エンジンそのものが専門的な内容や現状を理解していないので、コンテンツをただ自動的に拾っているだけです。

 

私が作った約17年間の事例ページも、現在はキーワード検索では殆ど出てこなくなりました。これが現実です。

出て来るのは、いい加減な素人ページや業者の誇大広告ばかりです。

posted by: 防音職人 | 天井防音 | 15:09 | - | - |-