防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
Links
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
防音職人の防音材について

ときどき相談者に「防音職人のホームサイトに掲載している防音材は市販品ですか?」と聞かれることがあります。

 

基本的にすべて受注生産品のため、メーカーの倉庫には在庫がわずかしかありません。これはトヨタ自動車が実施しているシステムであり、発注された必要量だけ生産する製品です。※市販品のような定価やメーカー希望価格がありません。

 

私のほうは設計価格(定価のようなもの)に対して、割引率を設定し、メーカー代理店(問屋)からの仕入れ価格に応じて調整しています。基本的に税込み価格ですので、今年の様に消費税率がアップすると仕入れ価格も値上がりします。

*ですが、メーカー各社の価格改訂に応じて個別に判断していますので値上げしない製品が多いです。

 

特に木造防音室の契約者については、来年(2020年)も価格を据え置く予定です。※ただし、大幅な値上がりが起きた場合は価格改訂を検討します。

 

防音職人では、依頼者(施主などの契約者)のご予算を考慮して出来る限り調整します。こういう対応が可能なのは、大手メーカーを始めとして直接取引(仲介業者がない)で価格を抑えているからです。※メーカーの工場・事業所から直接出荷しますので中間経費が有りません。

 

ちなみに、一部の防音材は大手メーカーが色々な専門業者に供給していますが、他の専門業者は仲介業者を経由していることが多く、その販売価格が防音職人の現場納品価格の1.5倍から2倍近い製品があります。

 

私のほうは防音設計が本業のため、防音材の単価を低めに抑えています。これも防音職人の特長の一つです。すべて防音室など実績のある費用対効果の高い製品です。

posted by: 防音職人 | 防音材 | 14:37 | - | - |-