防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
現在時刻
Links
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
天井防音は共振体を理解することが重要

「天井防音」というキーワードで検索すると、実績のない通販サイトやキレーションサイト、見積りサイトのようなものばかり出てきます。これが検索エンジンの限界です。

単なる言葉遊びや製品の羅列に反応した結果です。

 

この天井防音の本質を分析しないと問題は解決できません。特に一般的なマンション住居やテナントにおいて、難易度の高い問題が天井騒音、なかでも低周波を主成分とする衝撃音や重低音の伝播です。

 

これは天井裏などの空間の空気層の振動増幅や騒音拡散を起こす共振体が問題です。二重天井や二重壁などの空洞を有する構造体の共振・固体伝播が主原因です。

これを理解した上での対策をどうするかという技術が「防音設計」です。

 

防音設計の技術のない業者には、二重天井・二重壁および二重床の重量衝撃音対策は無理です。

 

空気層の共振を抑える吸音材、下地構造の絶縁材、板状面材の制振・遮音など複合対策を「防音設計」として計画して施工できる専門業者のみが現状を改善できます。

 

防音製品を敷いたり、天井に貼り付けるという対策だけでは無理です。

 

日本音響学会の分析では、普通のマンションの二重天井は重量衝撃音に対して「共振体」となるため、現実的な対策はないとまで断言しています。それだけ難しい問題なのです。

実際の工事としては、いくつかの条件が備わっている現場において、上記のような設計・施工で騒音を改善できます。実例もあります。ですが、ネット上には成功事例が殆ど出てきません。

*出て来るのは防音職人の成功事例だけです。

posted by: 防音職人 | 天井防音 | 08:22 | - | - |-