防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
現在時刻
Links
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
壁の簡易防音パネルにご注意

私の防音設計の契約者が、私が提案した防音引戸を製作できる建具屋が地元にいないということで、普通の木製引戸と防音引戸を合せて二重に取付けるという計画で現場が進んでいます。

 

ところが依頼者(契約者)が見つけた簡易防音パネルを使用した防音引戸の遮音性能は、そのメーカーの回答では15〜20dBしかないということで購入を見送りました。

 

私がちゃんと遮音性能をメーカーに保証してもらうようにアドバイスしましたら、上記のような有様で、これでは普通の木製引戸と大差ないだけでなく、それ以下の性能しかないというお粗末な防音パネルでした。

*メーカーのホームページには遮音性能の説明がなく、誰でも簡単に取付けできる遮音パネルとしか表現されていませんでした。

 

通販サイトには、このような誇大広告や問題製品が溢れており、注意が必要です。

 

ちなみに、このメーカーは、以前にもこのブログで誇大広告製品を指摘したのですが、性懲りもなく、またいい加減な製品を販売していたのです。今回の簡易防音パネルを使用した引戸は約14・15万円するそうで、驚きです。普通の木製引戸なら、約半額で購入できるので、大工なら敷居など枠材込みで約10万円で施工できます。

*関連記事:コルクマット(床防音)

 

この簡易防音パネルを既存の壁面に重ねても、遮音性能が15〜20dBアップする保証はありません。それは実績値や設置条件の説明がないので、あてにならないと思います。

 

壁の簡易防音や防音引戸など、安易に通販業者から購入するとリスクがあります。処分する際には別途お金がかかりますので、うっかり購入すると二重の無駄になります。

posted by: 防音職人 | 壁防音 | 15:43 | - | - |-