防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
現在時刻
Links
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
透過損失(遮音性能)と防音材の試験体

防音相談で相談者によく言われるのが、メーカーの遮音パネル、吸音材の透過損失や吸音率を見ると、大半の製品とそん色ないのに現場で施工されると音漏れの問題が顕著になるのはなぜですか、という質問です。

 

これはメーカーが偽装しているということではなく、あくまで小さな試験体を測定実験室で周波数ごとに精密測定したデーターであり、実際の大きな区画で施工する現場とは条件が異なる、これが主な理由です。

 

小さな区画と大きな区画では面積が違うだけでなく、固定する条件も違います。

試験体には、つなぎ目がないのですが、実際の現場では当然、つなぎ目が生じ、壁面や天井面などの軸組下地や断熱材、外装材などが施工された状態で使用するので、共振したり、隙間から音漏れしたりと、マイナス要因が複数出てきます。

 

また、誤った施工要領で使用された防音材は、その効果を失います。素材の持つ弱点も大きな区画では顕在化して、音漏れだけでなく共振が大きくなり音響も悪化します。

*ピアノ防音室などで問題が出るのは、そのためです。

 

ですから、設計・施工の実績が乏しい業者は現場での検証がないので、同じ失敗を繰り返します。

防音材の持つ相乗効果など理解できるはずもないです。とくに木造住宅など木造建物での失敗事例が多いのも、そういう背景があります。専門業者の理論は実績があって初めて裏付けられるものです。試験体のデータを鵜呑みにしてはいけません。

posted by: 防音職人 | 防音材 | 07:46 | - | - |-