防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
現在時刻
Links
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
木造住宅の戸外騒音対策(車・犬の鳴き声など)

木造住宅(共同、戸建)の戸外騒音の防音対策は、壁と窓が重要です。天井・床下から回り込む音を除けば、7割以上を遮断できます。

 

通常、窓は内窓(樹脂の気密サッシュ)取付けで約15〜18dB遮断し、壁は厚さ30ミリ程度の防音施工で20dB遮断できます。

*人間の耳には施工前の音が1/3〜1/4程度に軽減されたように聴こえます。

 

これで、普通の生活ができます。もちろん、防音室を構築する場合はもう少しレベルアップさせます。

 

戸外からの騒音の主なものは、車の走行音、作業車・工作車両の稼働音、人の声、犬の鳴き声がありますが、低い周波数から高い周波数帯まで分布しているので、騒音源に応じて使用する遮音材が異なります。

 

最も一般的な遮音材としては、PB(石膏ボード)がありますが、低い周波数と高い周波数の遮音能力に欠点がありますので、重ねて施工しても、中間的な周波数帯の遮音性能しか向上しません。

 

ちなみに、窓の対策だけを勧める窓業者がいますが、これだけでは壁を透過してくる騒音を防音することはできません。

*窓業者は、住宅の防音設計は素人ですので、ご注意ください。

posted by: 防音職人 | 木造防音 | 12:25 | - | - |-