防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
現在時刻
Links
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
木造住宅・賃貸アパートの防音対策

賃貸住宅の建設資金を個人に貸し出す「アパートローン」は、日銀によると融資額が近年増え続けていると言います。

*過剰供給された賃貸住宅で空室が増えると、ローンを返済できなくなる大家が続出することが懸念されている。

 

空室が増える要因は、居住環境の優劣によるものが大きいです。入居者がすぐに出ていく理由は、上階からの足音がうるさい、隣からの声や携帯の稼働音が筒抜けであるなど、遮音性能不足が問題になっていることが伺えます。

 

大家としては、建設コストを削るために防音性能を犠牲にすることが多く、無理な賃貸アパート経営の結果、空室が増え採算がとれないという状況になります。

 

防音職人では、新築時における計画的な対策の実行をアドバイスしていますが、不幸にして完成後に上記のような問題が出ている物件の防音相談にも対応しています。

 

界壁の追加対策は比較的廉価で実施できますので、相談案件の中でも、比較的事例が多いです。

 

木造住宅はコンクリートや鉄骨住宅に比べて改造しやすく、遮音効果を改善することは十分可能です。

界壁の場合は退去者が出た段階で速やかに工事を実施すれば改善出来ます。

posted by: 防音職人 | 木造防音 | 08:43 | - | - |-