防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
現在時刻
Links
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
木造新築住宅の壁防音(賃貸併用型)

先週、新築の木造住宅(自宅と賃貸住居併用)の界壁の防音対策の相談がありました。

メールでの事前情報が間違っており、当日の相談の際には、防音材の仕様や製品の面密度もあやふやで、相談者と新築業者の建築士も現状を正確に把握していない部分がありました。

 

使用されているボードや遮音材がいずれも高い周波数帯における遮音性能が不十分であり、新築の設計自体に問題があるようです。

すでに建築中であり、改善できるのは工事中の遮音ゴム製品のうえに特性の異なる高比重の遮音材を提案することだけでした。

 

酷いのは建築士が工事中の遮音材の面密度を最初「約10.5kg/m2」と言っていたのが、今日になって「半分の約5.0kg/m2」しかないのが判明し、急きょ私のほうが取引先に遮音材を発注したのでした。

*今週、現場に納品することになりました。

 

相談者の言葉遣いや説明も粗く、もし私が今日不在だったら間に合わないところでした。本当はこのような不確かな相談はお受けしたくはなかったのですが、先約の方が1日だけ余計に待って下さるということで無理に相談日を空けたのです。

 

私の技術を生かすかどうかは相談者の心がけ次第です。それにしても建築士のレベルはどうなっているのでしょうか。

防音材の性能についても全くの不勉強であり、製品の密度さえ覚えていないとは驚きです。

 

最近、不景気を背景に自宅と賃貸住居の併用型の現場が増えており、電話での問い合わせも結構あります。

しかし、無料で情報を得たからと言って問題が解決するわけではないのです。

posted by: 防音職人 | 壁防音 | 13:46 | - | - |-