防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
現在時刻
Links
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
壁防音と透過損失計算式

ウェブサイトの防音相談や専門業者の提案書に出てくる透過損失の計算式は、質量則と空気層だけ考慮した遮音性能を計算するものです。実際に計算式で得られた遮音層の面密度を現場で適用して防音室を構築すると、完成後の音測定や人間の耳では想定した通りの結果にはなりません。

 

それは多様な建材や吸音材を複合して構築するため、予測通りにはならないのです。しかも遮音パネルのコインシデンスによる遮音低下やつなぎ目からの遮音欠損があるため、想定値よりも透過損失が小さくなることが多いです。

*建材のもつ固有の遮音特性が考慮されていない。

 

そのうえ、木造建物では設計強度など構造的な限界もあるため、過重量の壁などの構造体は現実的ではありません。

また、計算式は適正な音響を計算するものではありませんので、面密度だけ計算して作られた防音室の音響は反響音が強くて酷いものが多いです。木造の特長を台無しにしてしまう防音工事が横行しています。

 

研究者が作った古い計算式や遮音設計マニュアルは、実際の建物の実例をもって補正して初めて役に立つものだと思います。

薄い壁の防音構造であっても、ボード類や防音材の組合せや施工手順によって、透過損失(遮音性能)は変化します。

相乗効果によって質量則の遮音性能を上回ることが普通です。

そうでなければ、防音職人で施工している防音室の大半が成立しないわけです。

 

現実には、防音職人チームが施工している木造のピアノ防音室などは、約38ミリ〜90ミリの厚さの中で、状況とご予算に応じて、大幅に音漏れを解消しています。

多くの実績が証明しています。過去のマニュアル・計算式の大半が古いものであり、実際の現場で検証したり補正していないのです。

posted by: 防音職人 | 壁防音 | 08:17 | - | - |-