防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
現在時刻
Links
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
防音業界もセカンドオピニオンは必要

色々な分野で専門家のセカンドオピニオンが重要であることが論じられています。

 

まだ歴史の浅い「音響・防音業界」も私の体験や日頃行っている「防音相談・コンサルティングング」において、その重要性を痛感しているところです。

 

あるベテランの防音設計が専門の建築士が担当した現場においてトラブルがあり、私に相談された相談者の話によると、防音対策と分析に思い込みがあったようで、方針を間違えていたということが明らかになりました。

 

そこで私が提案することになり、総合的に情報を勘案して出した答えが、ご予算の壁をクリアするため、先行してDIYによる防音効果を検証しつつ、重点をしぼって生活防音を目的とする防音工事を実施するという提案をしました。

*騒音源と生活拠点、睡眠の確保のため、工事対象の壁と床を検討しました。

 

私が提示した防音計画図と仕様書に賛成された相談者からご契約をいただくことになりました。既往の事例を考慮した見込みは、GL壁については6割程度の騒音をカットし、床面は5〜6割程度の騒音をカットできる見込みとなりました。

*既存建具や窓廻りの振動音絶縁が構造的にできない箇所があるため、遮音欠損を考えると良くて7割、悪くて5割の音を軽減するという結論になりました。

 

相談者には非常に分かりやすい提案だと評価していただき、防音の限界や遮音欠損の構造的な問題が理解できたのが、非常に納得できると言われました。

 

上記の専門家は失敗する前は、この対策で音は絶対に減るはずだと言って、防音施工を音源において実施したのですが、まったく効果がなく、分析と理論・対策内容に問題があったのは明らかです。

この時点で、相談者は私にセカンドオピニオンとして意見を求められ、まず無料相談をお受けになられました。

その時のアドバイスや対策の方針が、とても理解できたので防音工事の契約を前提に進めたいということでした。

*この件は、別の機会に続報をご紹介したいと思います。

posted by: 防音職人 | 防音全般 | 09:25 | - | - |-