防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
現在時刻
Links
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
マンションにおけるピアノ防音(床)

築8年程度の分譲マンションにおけるグランドピアノ防音の相談がありました。

 

通販サイトで防振ゴムとカーペットを購入して部屋に敷き詰めたそうですが、階下の居住者からピアノの騒音が目立つと指摘され、困っているという内容です。

*防振ゴムが約6ミリ、カーペットが約6ミリ

 

グランドピアノは上下方向および前方・右側のほうへ特に強い音が出る楽器で、床に対しては低周波音を含む重低音による振動が、固体伝播音となって階下などに伝わるのが問題です。

マンションはコンクリート構造ですので、コンクリートそのものが固体音を瞬時に伝える特性があります。

 

通販サイトは「この製品を敷けば、かなり防音効果がある」と安易に宣伝するだけの誇大広告が多く、実績のない製品を多数掲載しています。

これはユーザーだけではなく、業者の責任は重大です。

 

とにかく、このままでは相談者が階下の居住者と人間関係がこじれてしまいますので、まずDIYでやれる対策を提案しました。

床に絶縁材を敷き、そのうえに遮音材と市販のカーペットを敷くことを提示しました。

そして、対策結果を居住者に説明して、演奏時間帯に配慮することなどを話し合うようにアドバイスしました。

 

ピアノ防音対策はハード面とソフト面の両方が大切です。

posted by: 防音職人 | ピアノ防音 | 16:14 | - | - |-