防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
現在時刻
Links
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
音の周波数によって防音材の効果が異なる

最近の相談や提携先を含めた現場調査で裏付けられた注目すべき事例があります。

それは遮音材、制振材、吸音材という「防音材」が想定通りの遮音効果を出していないというか、メーカーのデータと現場での測定結果が大きくかい離する事実です。

 

音源の周波数特性(音の主成分)と選択する防音材がマッチしていないケース、メーカーの透過損失データや吸音率データがかなり怪しいケースです。

 

前者の事例では、マンションの足音対策、ピアノの床防音対策に分厚い遮音ゴムを敷いたが効果がないという相談があります。これは重低音に効果のない製品を重ねて使用したことが原因です。

遮音ゴム製品は特性の異なる制振材を併用すると効果が高まりますが、通常の通販サイトでは入手できないという問題があります。

 

許せないのは後者の事例です。典型的な製品としては外壁内部に充填する発泡断熱材の大半が弱点となる周波数帯が多く、人間の耳には遮音効果を体感できないという事例です。

むしろ、普通のロックウール製品を使用したほうが、はるかに遮音効果が出てきます。

また、軽量コンクリートパネル(ALC、へーベル)は、メーカーが言うような遮音効果が出ていないことが多く、木造住宅に使用する価値はないと思います。

 

このように音の周波数特性にマッチしない防音材は、弱点を補完する音響・防音設計をちゃんと立案しないと費用対効果が低くなります。住宅メーカーや防音材メーカーの営業マンなどのセールストークを真に受けると後悔することが多いようです。

そのような相談をお受けしていますが、業者の看板の大きさや値段だけで判断されたユーザーにも自己責任があります。

 

新築や大規模リフォームは、大きな買い物です。セカンドオピニオンの相談も含めて、慎重に判断されることをお勧めします。

posted by: 防音職人 | 防音材 | 16:18 | - | - |-