防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
現在時刻
Links
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
アップライトピアノ床防音(マンション)
先日、あるマンション居住者が、洋室(床はフローリング)にアップライトピアノを置くために、通販サイトから防振ゴムマット10ミリ(再生ゴム製品)と遮音シート1.2ミリ、防音カーペットを購入して重ねて敷いたそうです。

ところが弱ペダルの打鍵音すら隣の世帯に響き、ほとんど防振効果がなく、隣からクレームが出たという相談でした。

調べたところ、これらの製品は打鍵音の主成分(125Hz以下の周波数帯)に対する遮音効果がほとんどなく、そのため制振(防振)効果がほとんど出なかったということが分かりました。
*通販サイトは「ピアノ防音対策に最適」という誇大広告で販売していたそうです。(現在も私が見たところ、そうでした)
*この通販サイト、ネット上では有名なのですが、効果を検証せずになんでも売ります。

そこで、私のほうから重低音の制振効果が高い、遮音材と制振材(絶縁材)の2種類の防音材を併用するように提案しました。
*私の提案した防音材は厚さわずか9ミリでも、重量衝撃音が6割以上軽減できる製品です。
 木造住宅やマンションのフローリングの上で検証(音測定分析など)済みです。

通販サイトは、素人ですので、空気伝播音の遮断能力(透過損失)と固体伝播音の遮断能力を混同し、面密度が大きければ制振(防振)効果が高いと勘違いしています。もし知ってて販売しているとしたら悪質です。
購入される人は、くれぐれもご注意ください。
*ちなみに鉛シートを重ねて敷いても、制振(防振)効果は改善されません。
posted by: 防音職人 | ピアノ防音 | 12:30 | - | - |-