防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
現在時刻
Links
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
音響・防音の基本は木造
防音相談や電話での問い合わせで「なぜ木造に力を入れるのですか」と聞かれることがあります。答えは簡単です。
マンションや住宅の防音工事は木造で構築するからです。もちろん、防音材を使うのですが、軸組も木材、捨て貼りも合板、床の補強も合板であり、仕上げはフローリングです。
*石膏ボード以外はボード類は木材です。

木材はALCや石膏ボードに比べて粘りがあり、ある程度の音を吸収する能力もあるので、鉄骨などに比べて、音響や防音効果という観点では有利です。
逆に防音構造としては、ALCや鉄骨は響きやすく不利に働きます。
木材を重視しない専門業者は木造住宅やマンションの防音施工には向かないのです。力任せの遮音材シフト型の工事をしますので、費用対効果が低いだけでなく、既存構造に負荷のかかり過ぎる施工を行います。
とくに木造家屋には適さない工法です。

防音職人では、既存の空間を余り狭くしない工法にこだわり、耐久性も重視しています。木造に関する取り組みとして防音室を例に次のページで概略を述べています。
参考にしていただければ幸いです。
木造防音室の取組み
posted by: 防音職人 | 防音全般 | 09:11 | - | - |-