防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
現在時刻
Links
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
木造の楽器防音室における仕様の違い
最近、木造住宅をリフォームして楽器の防音室をつくりたいという相談をお受けしました。すでに数社の専門業者に提案書と見積りを依頼したそうですが、いずれも天井・壁・床がかなり分厚くなる提案だったので、依頼するのを中止したそうです。

木造防音室を比較的薄い構造で、夜間10時ころまで普通に、アップライトピアノやチェロ、ヴァイオリンを演奏できるような遮音性能、音響対策のできる業者をネット検索した結果、防音職人にたどり着いたとのことです。

他業者の提案の共通性は、既存の間仕切り壁や天井を改造しないで、内側に丸ごと部屋を作るような構造のため、室内がすごく狭くなるのです。また遮音パネルとグラスウールの吸音層の繰り返しで、どこを切っても金太郎飴のような同じ構造をしているのが特徴でした。既存構造や隣家など周辺環境を考慮しないで提案されているので、全国どこでも同じ内容で防音室をつくろうとする専門業者であることは明らかでした。

防音職人では、既存構造を無理なく解体できるところは改造して補強し、既存の窓やドアを生かし、つぶさないで建具を検討しますので壁内結露・通気性の心配もありません。防音ドアや内窓を閉めれば遮音性も格段に高まります。
壁自体も遮音材による気密工法で遮断しますので、室内側で結露することはありません。

天井についても、天井裏の吸音層を生かし、下地を補強しながら必要な遮音材を施工しますので、必要以上に天井を下げることはありません。
防音職人のコンセプトは、できる限り薄い構造で、費用対効果の高い防音設計・施工を行うことです。特に木造家屋に適した仕様です。
posted by: 防音職人 | 木造防音 | 11:21 | - | - |-