防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
現在時刻
Links
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
GL壁とピアノ防音(マンション)

 先日、マンションのGL壁などに、ピアノなどの防音を目的とする工事を、ある専門業者に依頼し、失敗された相談をお受けしました。

 その業者は、GL壁の問題の対処方法も分からず、既存ボードの上に、薄い遮音シートを2重張りし、石膏ボードを重ねて施工しただけだそうです。

 結局、音漏れが酷く、隣人からクレームが入り、問題がこじれ、嫌がらせを受けるようになったそうです。

 また、その専門業者は、約100万円でピアノ防音室の工事が出来ますと、ホームページに謳い、それを信じて契約されたわけですが、結局、内窓などはオプションということで、最終的には約130万円になったのです。
*これは誇大広告でしょう。問題のあるウェブページの表示だと思います。

 契約はともかくとして、GL壁の遮音低下の問題・メカニズムを全く知らない上、ボードに貼り付けても効果の無い「遮音シート」を重ねて施工しただけの防音工事に最大の問題があります。

 これは遮音上の瑕疵になります。
 防音設計も間違っているわけですから、これは調査して、提訴するか、工事のやり直しなどを請求するべき案件だと思いますが、相談者は、むしろ、引越しして、新居の防音室を何とかしたいと、希望されました。

 現在、御予算や防音室の概要などを検討されています。見積りが折り合えば、防音職人へ発注したいと、お約束いただきました。

 上記の件で、大分、御予算が無駄になったので、大変お気の毒であり、心情的にも悩ましいです。

 だいたい、「○○万円でピアノ防音室ができます。」と、現場の間取りや構造など状況も想定しないで、金額だけ提示するような業者は、防音設計はできないと見るべきでしょう。
 ピアノなど楽器防音室を御計画のかたは、くれぐれも御注意ください。

posted by: 防音職人 | ピアノ防音 | 10:24 | - | - |-