防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
現在時刻
Links
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
マンション壁の防音対策アドバイスに注意

 最近、防音相談の中で、他の専門業者の無料相談を受けて、余計に壁からの騒音の原因が分からなくなったという相談を受けました。
*関連記事:マンション壁の防音

 マンションはコンクリート構造なので、階下や隣の壁から、音が伝わることはないと言われたそうです。構造的な問題や、今までの事例から見て、起こりうる現象です。

 特に振動音はコンクリートの壁などを固体音として普通に伝播します。しかもGL工法など響きやすい構造であれば、なおさらです。

 建築士でも勘違いする問題ですが、防音の基本ができていない自称専門家に分かるはずがありません。

 マンションでは、主に二重天井、二重床、GL壁・胴縁二重壁など、それぞれ弱点があり、生活の仕方、家族構成などにより、生活騒音が非常に気になる状況になります。

 コンクリートのマンションは騒音が発生しない、聴こえないというのは迷信であり、音は上からだけでなく、どこからでも回り込み、振動音など固体音は完全に防ぐことなど出来ないのです。

 防音対策は、生活騒音を軽減するものであり、防音室のような防音工事を行えば、相当なコストがかかりますので、十分に効果の見込みを検討されてから実施したほうが良いでしょう。

 安易なアドバイスで、効果のないような防音材を購入することも注意したほうが良いです。お金と時間が無駄になる場合があります。

posted by: 防音職人 | 壁防音 | 09:00 | - | - |-