防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
現在時刻
Links
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
防音効果と吸音材について

 このブログでも何回か採り上げていますが、吸音材も素材・密度などにより、実際の現場では防音効果に大きな差が出ます。
*参考情報:防音の効果

 住まいなど比較的薄く防音構造を構築しなければならない空間では、遮音材、制振材とともに、吸音材の吸音率は重要な要素です。

 この吸音率は、周波数ごとに色々な特徴があり、メーカーの申告データとは、乖離することが多いようです。
 防音設計の実績のある業者でも、安易にグラスウールやセルロースウールを使用して、十分効果があると思い込んでいる人がいますが、ロックウールやポリエチレン(ポリエステル)ウールに比べると、低音及び高音において効果が劣ることが体感できます。

 現在のメーカーの吸音率の試験方法は、音響学会でも指摘していますが、周波数帯によって、小さな試験体と実際の現場のような大きな面的な状況とでは吸音率に差が出ます。

 ですから、実際に現場で音測定や体感をもって検証しなければ、有効なデータとなりません。

 たとえば、天井の防音で、グラスウールを入れても余り効果を体感できないのは、低音や高音の周波数において十分な吸音効果を発揮できないことも要因としてあります。
 また、空気層の扱いも重要で、低周波には数センチから20センチ程度の天井裏の空間は、かえって空気のバネにより、遮音効果が悪化することが知られています。

 防音対策・設計においては、住宅、木造の防音室に適する吸音材を使用することが極めて重要です。

posted by: 防音職人 | 防音材 | 08:36 | - | - |-