防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
現在時刻
Links
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
GL壁の失敗事例に学ぶ防音設計

(この図面はソフトカーム事業部が設計した失敗例です)

私がまだ開業する前に、自宅マンションで外注したGL壁の防音工事ですが、約15年前のことです。
*いまだに、この業者はGLや天井に鉛のボードを使用しています。
 まったく反省のない業者で、今まで相当無意味な工事をしていると思います。

 この事例では、既存GL壁に対して、厚さ1ミリの鉛と厚さ9.5ミリの石膏ボードを貼り付けています。
*接着剤とタッカー留めです。

 この工事を実施した結果、窓の開閉音や足音、それに声・テレビの音まで、まったく防音効果がありませんでした。さらに、今まで気にならなかった音域の音まで気になるようになりました。
*鉛や石膏ボードの重ね施工は、まったくGL壁に効果は無いのです。逆効果にもなるというリスクの高いものです。
*天井にも同様の工事をしましたが、まったく効果はありません。

 唯一効果があったのは、自力で貼り付けた吸音ウールと遮音マットでした。ワンランク以上の防音効果が出たようです。(この事例のおかげで私は住宅の防音設計の専門家になれました)

 二重天井とGL壁には、鉛のボード、低密度のグラスウール、遮音シートは役に立ちません。このことが分かっただけでも収穫でした。
*ソフトカーム事業部は謝罪もなく逃げました。今も同様の酷い工事をしているのでしょう。
posted by: 防音職人 | 壁防音 | 18:52 | - | - |-