防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
現在時刻
Links
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
マンションでのピアノ防音レベルについて

 マンションの遮音レベルについて、お問合せがありましたので、ご紹介します。

Q:D-55の性能で真夜中にグランドピアノが弾けるでしょうか。

A:無理だと思います。
 マンションはD-60でも無理な場合があります。周りの住居の暗騒音が25dB以下でしたら、聴こえるでしょう。
 といって、遮音材ばかり使用しても
*二重床の耐久性・強度の問題がありますので、工夫が必要です。
*壁も狭い部屋で、厚くしすぎると、ピアノや家具の配置に制約が増えます。

 真夜中でのピアノ演奏を可能にした防音室を設計したことがありますが、かなりの費用がかかりました。部屋が狭くなります。

 床の防振対策を強化するとともに、防音二重壁の構築が必要ですので、結果的に部屋がかなり狭くなるので、この場合は6帖以上のスペースがないと防音室に改造できません。

posted by: 防音職人 | ピアノ防音 | 18:44 | - | - |-