防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
現在時刻
Links
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ある地方の木造防音室(ピアノ室)

昨日、契約案件の資料を整理していたら、ある地方のプロピアニストの防音室の見積書がでてきました。

*地元の施工業者のものです。

 

このピアノ防音室(ちょっと古い木造住宅)は、既存家屋の天井と床を解体し、窓を一つ潰して防音壁にする前提の工事でした。

*私の提案書に変更して無事に所定の防音性能D-60以上を確保できた現場です。

 

地元の工務店の見積書は3社見積りの中で最も安かったので、この業者が他のリフォーム工事と一緒に契約したものでした。

約8帖の洋室をピアノ防音室にリフォームするものですが、防音工事費用の見積り額は約330万円です。

これは東京では安い方ですが、驚いたことに「ある東京のメーカーの防音材と設計」をそのまま適用したもので、A防音レベルでD-40〜D-45性能と表示されていました。

*S防音ではD-50レベルで、金額が500万円以上になるもの。

 

依頼者の条件では予算が300万円以内で、D-60以上という希望でしたので、上記の建築会社では無理だという事で、東京の専門業者を探して、防音職人のホームサイトを見て、東京まで相談にお出でになったのです。

しかも施工業者の提案内容を見ると壁と天井の防音施工しか計上されていないのです。

 

ご予算的にはかなり厳しいですが、色々と工夫して税別約280万円に納めました。

*施工業者の協力で吸音材の一部と天井の吸音化粧板、床の杉板フローリングは格安で提供するという条件でした。

*私の取扱い防音材の送料が値上がりする前でしたので、設計図と一緒に、なんとか防音材も無事納品できました。

 

とにかく、東京の大手防音室メーカーや防音材メーカーは、とても防音設計を理解しているとは思えないお粗末なものです。

自社の製品を売ることが目的であり、代理店から手数料をもらうシステムなので割高であり、防音レベルもダメです。

費用対効果が低いだけでなく、ピアノの固体音や音響を無視しています。

 

依頼する方にも自己責任のある業界ですが、大きな看板はなんの役にも立たないことが分かりました。

とくに木造防音室は専門業者が少なすぎます。

*参考ページ:木造防音室(在来工法の事例)

posted by: 防音職人 | 防音室の記事 | 10:58 | - | - |-
木造防音室の専門家の見分け方

防音対策の専門家の見分け方の一つをご紹介します。これは木造建築全般の共通事項です。

 

新築住宅や改修を伴う木造において、たとえば防音室および生活防音を依頼する場合、吸音材を軽視する専門業者は専門家ではありません。おそらく自社の遮音パネルなど既製品の遮音材、石膏ボードを重ねる対策にシフトする提案をすると思います。

 

木造に限らず、防音対策に使用する吸音材について具体的な効果や概要を説明できない設計者は専門家とは言えません。

また、グラスウールだけで防音設計を行う業者は知識や工法が古すぎます。

幅5センチから10センチ程度の壁内などの空間は隙間なく吸音材を充填することが効果的であり、幅広い周波数帯に対応する防音効果を考える場合は、ロックウールやポリエステルウールを使用します。

*厚みや密度も重要です。

 

通常の木造防音室では限られた空間を活用するため、天井裏や壁内、床下に吸音材を充填します。

そのうえで必要な遮音材、制振材などを組み合わせて設計します。

 

そうすれば新築設計の場合、過剰な防音壁や天井・床下の改造は不要になります。新築業者に予め下地補強や吸音材充填をしてもらえば、比較的薄い防音構造を追加するだけでピアノなどの防音室ができます。

 

さらに、防音対策の音に対する周波数特性を考慮しない設計は、防音設計とは言えません。

以上の諸点を専門業者に質問すれば、専門家を判別できると思います。

posted by: 防音職人 | 防音室の記事 | 18:45 | - | - |-
ある建築士に木造防音を依頼されました

ある地方の建築事務所(自営)の建築士に木造共同住宅と木造テナント(事務所など)における界壁、床の防音構造に関する有料コンサルティングを依頼されました。

 

他の事例と併せて見ると、彼らの知識は非常に古い物であることと、大手建材メーカーの製品そのものを鵜呑みにしていることが分かりました。

例えば、遮音パネルが現場での防音材と建材の組合せ施工よりも効果が高いと誤認したり、吸音材そのものをセルロースファイバーやグラスウールの断熱材しか知らないため、ロックウールの選択そのものが欠落しています。

 

一般的な建材にしても、床面にALCやセメント板など固体音(足音や落下物などの音)を伝えやすい製品を使おうとします。

これは重ければ、どんな音でも遮音できると思い込んでいることが原因です。

 

既製品の遮音ゴムにしても安くなく費用対効果が低いことを実例を持って、建築士に例示しました。

また実例として、私の木造防音モデルの一部を特別に渡して、個人的に研究を進めるように伝えました。

 

世の中の事例情報は古すぎたり、遮音シート・パネルのように費用対効果が低すぎるものが多いです。

その仕組みは解説すると建築士なら直ぐに理解できます。

*コロンブスの卵と同じで、言われてみればなるほどということになります。

 

そもそも、遮音ゴムだけで全ての防音対策が出来ると考える事自体がすでに時代遅れです。

posted by: 防音職人 | 木造防音 | 20:36 | - | - |-
新築の防音設計

通常、新築計画の段階で防音設計を導入したほうが、防音リフォームより、費用対効果が大きくなります。

 

とくに天井裏や壁内などの空洞部や断熱層に適切な吸音材を施工することを考えると、圧倒的に新築の段階のほうが無駄がありません。リフォームの場合は既存のボードを撤去して施工し直すわけですから解体費用・建具調整及び補修費用など無駄が出ます。

 

新築住宅の生活防音や防音室の計画において、重要かつ基本的な防音設計知識を次のページにまとめましたので、参考にしてください。→防音設計の常識

 

新築の防音対策は吸音材以外では、窓と遮音材の施工が重要な内容になります。

 

窓の場合は、内窓を付けて二重構造にすることも考えられます。たとえば、リビングと防音室だけは、防音ガラスを使用するなど特別に費用をかける価値があります。

同時に外壁側の内装壁に遮音材を予め施工しておけば、わずか3ミリから6ミリ程度の対策でも、15dB程度遮音性を向上させることが可能です。

 

15dBの防音効果がアップすると、一般的に人の耳には騒音が半減〜6割程度小さくなって聴こえます。

 

とくに木造住宅はメリハリのある防音施工が大事だと思います。

posted by: 防音職人 | 防音全般 | 09:04 | - | - |-
木造軸組在来工法のピアノ防音室

ピアノ防音室の業界は、最も無駄な工事が多く、割高であることが有名です。

 

なかでも、木造新築住宅を無駄に改造して、大幅に狭くする工法で防音工事をする建築会社が増えています。

*要するに大元のノウハウが同じため、同様の設計・施工を行うという金太郎飴のような断面です。

 

しかも、新築木造の天井・内装壁・床下を解体したうえで、非常に狭くする工法の意味が分かりません。

*既存の換気・通気を遮断する工法を併用しているので、木造の寿命は通常の木造住宅などに比べて短くなります。

 

主な概要を抜粋すると、次のようになります。

・床下を解体してコンクリート床を増設し、換気を遮断する→換気を遮断すると木造の寿命は短くなる

・天井や壁を解体して軽量鉄骨軸組に改造し、天井を大幅に下げ、壁を大幅に厚くして部屋を狭くする→小規模な部屋だとピアノ配置に自由度がなくなる。家具が置けない。音響が悪化する。

・床材に無垢のフローリングを施工すると床鳴り、がたつきなど、通気遮断、コンクリートの湿気による弊害が出る

 

無垢材を含めた木造そのものがピアノ防音室の最大の音響上のウリなのに、その特長をすべて台無しにする工事と言えます。

約6帖で税別300万円以上の金額になり、とくにプロの音楽家やピアニストには到底受け入れることができない仕様です。

 

遮音性能も大半の業者がD45〜D50レベルですので、これではDIYで防音材を重ねて施工したほうがベターです。

*専門業者とは、大半が木造の利点・特長を理解していません。

 

木造在来工法は、最もピアノ室にマッチした構造です。くれぐれも長所を台無しにするような提案を受け入れないようにご注意ください。ちなみに「在来木造は豊かな音色が響く楽器」と呼ばれます。

それが多くのプロが好む所以です。予算が許せば、床には無垢材を使用したいです。

posted by: 防音職人 | 防音室の記事 | 08:15 | - | - |-