防音コンテンツ
                
防音職人への御相談ページ
防音職人(サポートページ)は、誠実に努力する人を一生懸命サポートします。
木造住宅なら防音職人へご相談ください。
マンションの防音事例:天井防音(工事依頼者の声)
※マンションなのに真上・隣から音が筒抜けということもあります。
現在時刻
Links
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
New Entries
Archives
Profile
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
防音材の遮音効果の違い・音漏れ

相談者や電話での問い合わせの中で多いのが、市販の防音材と防音職人で扱っている製品との効果の違いです。

 

なぜ、メーカーが計測した遮音性能が現場で想定値を大幅に下回るのかという疑問ですが、これは試験体のサイズとつなぎ目に要因があります。

 

鉛シートは薄い素材の中では最も比重が大きく、試験所での計測値も他の製品に比べて透過損失(遮音性能)の数値が大きいという特徴があります。

しかし、実際施工された防音室での計測値とは乖離します。これは試験体はつなぎ目の無い小さなサイズであり、現場では大きな区画でありつなぎ目が発生します。

*大半がつなぎ目から漏れていることと、素材自体が音を吸収できないので、反射しきれない物は室内の弱点か所から漏れてしまう特性があるからです。

 

しかも、石膏ボードに張り付けて使用すると、石膏ボードのもつコインシデンス(質量則を下回る特定の周波数での遮音低下)を解消することができませんので、想定値よりも大幅に遮音性能が低下する周波数帯が生じることになります。

 

防音材は製品の素材や混合して組成される成分によって、多様な製品が生まれますので、その中での製品開発は、音測定の試験所だけでなく、実際の現場や実物大実験で検証するしかないのです。

 

通常、コインシデンスが発生する製品は、遮音材としては想定値を下回る現象が起きます。それが現場とメーカーのデーターとの乖離です。単純な質量則では想定できない現象です。

 

このような現象は鉛シートだけでなく、ALC(軽量コンクリートパネル、へーベルのようなもの)でもコインシデンスが起きます。

両者ともにジョイント(つなぎ目)部分での音漏れが弱点になります。

 

防音材は実績のある製品を使用することが、防音設計の基本になります。それと正しい施工要領があって初めて想定通りの効果が出るものです。

posted by: 防音職人 | 防音材 | 12:13 | - | - |-
木造新築住宅の防音対策留意点

新築の木造住宅の生活防音や防音室づくりを段階的に、将来行う場合は、新築時に次の諸点を備えておく必要があります。

 

・床下、外壁内部の断熱材の種類と厚さ及び密度

・床下地(大引き、梁、下地合板など)の補強

・間取計画による騒音のリスク軽減

・24時間換気の防音フード、天井裏ダクトなど配管計画の調整

 

以上の内容を新築段階でクリアしていれば、リフォームで改善できます。逆に言えば、上記の諸点に問題があると防音施工に大きな制約となり、工事費用がかさみます。

 

とくにツーバイフォー住宅の場合は、根本的な改造は新築保証の関係で無理ですので、内装部分だけで解決することになり、その分、部屋が狭くなります。

*在来木造工法の場合は、基本的に改修+防音工事は可能です。軸組補強も後付けできます。

 

いずれにせよ、新築の段階で出来る限り配慮しておけば、生活防音も防音室もコンパクトに施工できます。

その分、工費を節約できるうえ、部屋も余り狭くなりません。

 

防音対策とは特別なものではなく、基本的な事項を遵守すれば木造の場合は、なんとかなります。

posted by: 防音職人 | 木造防音 | 12:48 | - | - |-
天井防音のご相談について

最近増えている天井防音対策の相談が、遮音シートや遮音パネルを天井に張り付けたが効果が殆どないというものです。

*大半が建築士が紹介した通販サイトの遮音パネルや遮音シートです。

 

既存の天井に張り付けるだけで上階からの振動騒音を半減させることは無理です。

理論的にあり得ないです。

 

次のページを読んでいただければ難しさが理解できると思います。

天井の振動騒音

 

天井裏の吸音、軸組下地の絶縁・防振など複合的な対策で、ようやく半減させることができるものです。

 

騒音源が低い周波数ほど難しくなります。

 

木造の場合は大改造すれば大幅に軽減できることもありますが、通常は音源の床で防音工事をするのが定石です。

 

マンションの場合は、既存スラブに吊金物を増設する工事の許可が出ないので、物理的に対処できない場合があります。

 

とにかく、天井防音は「遮音」「防振(制振)+絶縁」「吸音」の機能を組み合わせないと効果は出ません。

posted by: 防音職人 | 天井防音 | 08:32 | - | - |-
ピアノ防音とピアノ教室

今年、音響チェックをして完了した木造新築のピアノ防音室(ピアノとヴァイオリンのアンサンブル可能)ですが、チューニングも終わり、現在はピアノ教室として運営されています。

24時間演奏できる木造ピアノ教室

 

プロのピアニストである依頼者は、新築される前はマンションでグランドピアノ演奏していたのですが、夜の比較的早い時間帯に、同じ建物の居住者に強烈なクレームを受けて、音を出すことが怖くなりトラウマになったようです。

 

そこで木造の新築戸建住宅に、夜遅くまで安心して演奏できる防音室を造ろうと計画されたのですが、最初探した専門業者の提案がどれも信頼できずに、最終的に私の運営する防音職人に相談されました。

*結果的にはピアノが24時間演奏できるレベルまで造り上げることができました。当初のご予算を守ることも出来ました。

 

単価的にはマンションで完全な防音室を造るよりも、新築の戸建住宅の中に造るほうが安く済ませることができます。

 

今回の事例では、他の専門業者の見積りの約8割の予算で、防音壁を87ミリの厚さで処理できました。

 

ピアノ教室にとって、部屋を狭くしないで音響・防音性能を出来る限り高めることは最優先事項です。

木造建物は、ピアノ演奏には最適な構造であると、音楽の専門家は言います。

posted by: 防音職人 | ピアノ防音 | 09:41 | - | - |-
木造在来工法の生活防音

新築の場合ですと、在来工法であれば、防音施工図と防音材を現場に提供することで、地元業者でも施工は可能です。

 

市販品で施工することも可能ですが、実績が少ない分、遮音性能の想定値が予測しにくいため、少し厳重な対策が必要になります。

*防音職人が使用している受注生産品であれば、予測値と実態値が余り乖離しないので、薄型の防音で対処できます。

 

新築は最初に業務契約をしていただかないと、使用する断熱材床下補強など確認申請や設計図に反映させる仕様を提示できません。

*24時間換気扇の製品も含めて計画しなければなりません。

 

遠方の現場でも、仕様書をメールで送付できます。

*契約書は郵送になります。

 

木造は、必ず将来、補修工事やリフォーム工事が発生しますので、メンテナンスや改変しやすい構造・仕様が望ましいです。

 

例えば、将来、二世帯住宅や賃貸併用住宅に改造する場合は、在来工法であれば問題なくできます。

補強したり改造しやすいのが木造在来工法の特長と言えます。

 

生活防音を目的としたリフォーム工事もやりやすいと言えます。

posted by: 防音職人 | 木造防音 | 09:38 | - | - |-